釣り時々クマ  じらまる日誌
山奥で育ち、都会で揉まれた私の釣りと今を綴る日記です。
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
磯竿修理
1_003_convert_20080326013731.jpg


「 脳の不思議 」 みたいなテレビで、脳に電気が流れると 「 記憶が蘇る 」 ことがあると言っていて電気を流してみたくなったY.ITOです。

さて、本題ですが、こんな物も修理です。
もう10年近く前ですがルアーロッドにもこれと同様のインターライン、インナーガイドといったものが存在しました。
もちろん僕も憧れ、一番安いモデルですが購入し今は実家で眠らせています。
当時の物は、重い、繊細な物ができない、糸の通りが悪いなどの弱点ばかりが目立ち、糸絡みしにくいという利点は隠れていました。
しかし、時代が進み技術の進歩により、一昔前と比べ物にならないくらいの軽い、繊細な、とても糸通りの良い優れた物も数多く出てきています。
メーカーによって力の入れ具合が違いますが、大手メーカーさんは今後も中通しタイプの物を作る必要があると僕個人は思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。