釣り時々クマ  じらまる日誌
山奥で育ち、都会で揉まれた私の釣りと今を綴る日記です。
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釣り場で見かける光景
111111.jpg


 バス釣りしてて見ることは少ないですが、海に釣りに行くとかなりこういう光景を見ます。
 燃やして持って帰るゴミを減らしてしまおうという考えはわからなくもないですが、釣り場を汚して帰ってるのと一緒ではないでしょうか?
 おまけに燃えないゴミ(空き缶などの金属類等)まで一緒に燃やしていたり中途半端に燃やして、燃え残ったりしていることも多々あります
 山口の釣り場ではこのような光景を見ることが多いような気がします。 他にも山口は釣りに関する問題を抱えているように僕は感じます。
 釣りを続けるためには釣り場に余計なごみをまず残さない。そして周りに迷惑をかけないというのは最低限のルールではないでしょうか?
 他の問題(ボート、駐車マナーなど)も考え行動しないとおそらく数年しないうちに釣りはできなくなるでしょう。
 仲の良い人に「ゴミは持って帰らんといかんよ」というのも言いづらいですし、知らない人に言うのはとても怖いと思います。でも、釣り場を残すため言わずとも自分で拾って、捨てた人にプレッシャーをかけるくらいしましょう。 そうやって、少しでも釣りが長くできるようにしたいものです。
 
 先日釣りに行った時にふと気になったので写真を撮っておきました。
 確かに、釣りの技術や最新のタックル、釣りの歴史など大事ですがそれを続けるためには釣り場がないとどうしようもありません。だから、釣り場を残すために今後一人でも気にかけてくれること願う次第です。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。