釣り時々クマ  じらまる日誌
山奥で育ち、都会で揉まれた私の釣りと今を綴る日記です。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは使えます。
             ぱんど


 フロッグをチューニングする時に使う、「パンド・フックホールシーラー」なのですが、僕はこれをジギングのアシストフック作りにも使います。
 
 アシストフックをケプラーやシーハンター等のラインど結んだりした後にこれを縫ってやることで解け防止になり、収縮チューブ代わりの結び目の保護効果もあります。
 しかも、瞬間接着剤と違い衝撃にも強くラインを傷めにくいようです。
 使わなくても十分なことも多いですが、相手が相手だけに万全を尽くそうと考えるとこんなこともしはじめるんです。
 他の釣りでも(例えばバスフィッシングのフックサイズ、種類やワームのカラー、サスペンドプラグのサスペンドチューニング・・・・・・)、そこまでしなくてもとそれ以外の釣りしかしない人からは見られることをすることは多々あると思います。
 しかし、こういうのが釣りの楽しみであり、良いところだと僕は思います。
 広く浅くもよいですが、広く深くするのもいかがでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。