釣り時々クマ  じらまる日誌
山奥で育ち、都会で揉まれた私の釣りと今を綴る日記です。
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬マグロに挑戦 その一
2/16、友人と七里ヶ曽根へ冬マグロ挑戦に行ってきました。
 今回の船は、初乗船となる,姪浜「ブラック」。

 当日は夏のようなベタ凪、はるかかたなのナブラも分かるほどでした。
 帰って他の船宿の情報等を見るとイカナブラもあったようなのですが、ブラック号から確認できたのは、イワシサンマのみでした。

 七里に到着したのは8時頃で、しばらくはナブラを見ることもなくウロウロ・・・・
 ナブラ待ちで100m前後を流している間に、ジギングでアラカブ、ヒラマサ、ホウボウ、マハタの4目をキャッチ。
 「5目めにマグロを釣ればできすぎだ」などと冗談を言っていたら、ナブラが頻繁に起き始め、追い始めた。
 
 しかし、どのナブラも足が速く、なかなかチャンスらしいチャンスが訪れず時間だけが過ぎて行った。
 夕方になり、日が陰り、寒さを感じるようになると一旦ナブラが無い状態となった。
 今日はもう終わりか・・・・と思っていると再びボイルが起き始め、あっという間に一面ナブラだらけとなった。
 
 そしてついに、その時はきた。
 同船者は前方のナブラに夢中になっている中、右舷後方でサンマを夢中に捕食するクロマグロボイルを見つけた。
 落ち着き、周囲を確認しシンキングリップレスミノーをキャスト。
 ルアーはうまくボイルの少し向こう側に落ち、少しテンションをかけながらフォールさせた。
 待っているとついに、生命感が手元に伝わってきた。そして、リールから一気にラインが引き出されていった。
 この時、日時は16:54ごろ(カメラの時間参考)
 016.jpg
 メインラインは6号、リーダー150lbのタックルだったので落ち着きしっかりアワセを入れファーストランを鮪の思うように走らせた。
 鮪は100mも走らないうちに止まり、ここで反撃開始。
022.jpg

 じりじりとリフトしていき途中で反撃されることなく5分程で浮かせることができた。
046.jpg

 船長の構えるタモに鮪を誘導したが、ここで失敗をしてしまった。
 バテはじめ、焦っていたので、まだラインが少し長いと感じながら無理やりタモへ誘導しようとして失敗してしまった。
 ここで鮪に再度スイッチが入り、セカンドランが始まった。
 浮かせたときにフックが目とエラ蓋にかかっていたのを見て、ドラグをあまり強くできないと思い、セカンドランが止まってからはより慎重にファイトを心がけた。
 じわじわと浮いてくるが、自分も体力を消耗して最初のようにはいかず、残り20m弱となったところでサードラン・・・・
 握力、腕力、背筋が悲鳴を上げていた。無意識に手がロッドを離してしまいそうだと感じた。
 サードランが止まり、自分に活を入れ勝負をかけようと思いハンドドラグをかけながらじりじりと浮かせていった。
054.jpg
 
 途中何度か反転され船べりにロッドを持っていかれたりしながら残り15mまできた。
 魚も最後の抵抗で動かなくなりロッドのパワーを活かせるよう竿を絞り込んだ。
 そして、耐えていると「フッ」と軽くなり私はデッキの上に転がった。それと同時に水中からルアーが上がってきて船上に転がった。
この時の日時は17:21ごろ (カメラ参考)
058.jpg

 しばらく放心状態になり、酸欠になった体はしばらく言うことをきかなかった。
  船長の目測では、マグロは30kg前後とのことだった。
 
 最初のタモ入れで焦ったこと、体力不足で取り逃したこと、悔しくてたまらなかった。
 おそらく逃した鮪は瀕死、もしくは死んでしまったかもしれない。
 後悔することが沢山あった釣行となった。
 繰り返さないために、今まで以上に準備をしていこうと思った。

タックル ロッド カーペンター・ハイパーリフターツナ87 
     リール ダイワ・ソルティガZ6000GT・6500スプール・ラジエーションドラグノブ
     ライン メイン よつあみ・ウルトラジグマンX8 6号400m
         リーダー ナイロンショックリーダー150lb
     ルアー タックルハウス シブキ186LS
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。