釣り時々クマ

山奥で育ち、都会で揉まれたY.ITOの釣りと今を綴る日記です。

 

イエローフィン

 今回は、後輩である三ヶ嶋君に誘ってもらい佐賀県唐津の八丸さんへお世話になってきました。

 船長はフィッシャーマンとしても名前を知られた方で、今年は世界の茂木さんやカーペ●ター小西さん達とニュージーランドで300kgクラスのマグロをキャッチ&リリースされています。
 比較的口数は少ない方でしたが、しっかり状況判断をして操船してくださり、質問にはきちんと返事をしてくれ釣りはとてもしやすく感じました。
 遊魚船としては当然なのかもしれませんが、1日気持ちよく釣りを終えられる船は早々ないように私は思っています。
 人によって、合う、合わないはあるかと思いますが、私はオススメできる遊漁船だと感じました。
 
 
 当日の私は、ヤズ1、ヒラマサ3匹(8kg弱~2kgくらい)でした。
 
 移動中にナブラを見つけ、その周辺にシンキングペンシルをキャストし少しフォールさせ動かしているとヤズがスレ掛り、上がってきました。ナブラの正体が判明しそく移動となりました。
 その後しばらく動きまわったのですが、魚の気配を感じられないまま時間が過ぎて行きました。

 午後からの下げ潮が効き始めて、ベイト反応が出始めたポイントでジグをしゃくっていると、モゾモゾと何かがからむような感覚が伝わってきて、その直後にはっきりした生命感に変わりました。
 私の中でのライトタックルでのヒットであったため、綱引きファイトはできず、のされながらごまかしごまかしリフトしました。
 無事ランディングできた魚は、カンパチのような(私のイメージ)体高のある立派なヒラマサでした。
 
88acb4e6901c28fd6763-1024.jpg

 その後、同船者にも続々と魚がかかり始めたのですが、私に追加の魚はすぐにはなくあまり身が入らないでいました。
 そんなときに、「キャストしてみたら」と船長から声がかかり切り替え最後まで投げ続けることに!!

 ジギングである程度全員釣り、場所を移動して全員でキャスト開始。そして、ついに出ました。
 ただ出ただけでフックアップには至らなかったのですが、明らかにデカイ魚でした。
 興奮が覚めないままキャストを続けると、再度バイトがあり今度はフックアップ!!
 GTロッドにPE8号、リーダー150lbで一気に寄せたので魚は船べりでも元気いっぱい(汗)何度も船べりで走られてこずりましたが無事にキャッチ。

0.jpg


 久しぶりにトップウォーターでキャッチしたヒラマサでした。
 その後も魚の活性も高くチェイス、バイト多数あり私も1匹追加することができました。

 すごく短い時間でしたが、フィーバータイムを体験することができ満足でき1日の釣りを終えることができました。
 次回こそ最初のモンスターを仕留めたいものです。


 話は変わりますが、先日外房で49.5kgという世界記録サイズのヒラマサが釣り揚げられていました。
 今年は漁師でも苦戦するサイズのマグロをキャスティングで釣られたり、世界記録サイズのブラックバスが出たりとすごいこと続きです。
 まだまだ何かがありそうで今後の釣りが楽しみです。
 
スポンサーサイト

Comments


Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Y.ITO

Author:Y.ITO
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QRコード
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム