釣り時々クマ  じらまる日誌
山奥で育ち、都会で揉まれた私の釣りと今を綴る日記です。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下関近海めぐり
 一昨日の休み、知人のアドバイスと情報をもとにショアから青物狙いで友人Tと釣行してきました。
 目的の魚種は 「青物」でした。
 一週間前も某有名スポットへ出かけたのですが、まったく何も起きず平和な海でした。
 
 
 ファーストポイントに到着したのは、朝明るくなって30分ほどたってからでした。
 
 知人や私のデータの中で最も実績のある潮のタイミングまでしばらく時間があったのですが、水面はベイトになるであろう小鰯と思われる魚が大量に見られました。
 
 釣りを開始し、しばらくすると海面がざわつきカマスが釣れ始めました。
 それからさらに時間がたち、狙いの潮になったころ、一面海はカマスのボイルだらけ!!
 期待度が急上昇したのは言うまでもない。 しかし、本命からのバイトがないまま時間は過ぎ、ふと足元を見ると青物らしい魚がゆうゆうと泳いでいるのを目撃!!
 すかさず回遊しているであろうラインをチェックしてみたのですが、何も起こらず時間は過ぎ青物の回遊は見れなくなり移動しました。

 移動先で先行者の方に釣果を聞くと、ネリゴ(カンパチの子)が数匹釣れていたようでした。しかし、そのあとはさっぱりとのこと。
 釣り場に立つと潮は流れていなかったのですが、しばらくすると流れ始め期待度は一気に上がりました。しかし、期待とは裏腹にまったくのノーバイト。
 
 すっかり青物にフラレ、その後根魚に遊んでもらい帰宅しました。

 常にそこにいる魚ではなく、まして求めるサイズはなかなかショアから釣れるサイズではありません。
 年初めにギャフンと言わされてしまっているので、これからもリベンジできるようできる限り足を運びたいと思います。
 
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。