釣り時々クマ  じらまる日誌
山奥で育ち、都会で揉まれた私の釣りと今を綴る日記です。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
ヒラマサトップゲームについて
 今年から自分もブームに乗っかり始めたヒラマサTOPゲームで、自分なりの考えを少々お話しさせてもらいます。

 ヒラマサは根回りを好む魚のようです。そして、トップゲームをしていても水深の結構あるところから突き上げて食ったりもするようです。
 
 この性質何かに似てませんか?勘の良いバスマンなら気付いてくれてるでしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・そう、スモールマウスバスの性質(自分は話に聞いただけで本当のところはよくわかりません。)みたいではないですか?まあ、似てる似てないは良いのですが・・・・

 本題に入ります。

 まず、フィッシュイーターが捕食をするのに効率的な場所はどのようなところでしょう?
 餌が回遊してくる場所で身を隠せる場所、餌を追い込みやすい場所を生き物なら選びますよね?水深100mのフラットな餌がどこへでも逃げることのできる場所よりも、浅い場所や地形変化の多い場所の方が当然ベイトの逃げ場は少なくなり捕食しやすくなるはずです。
 季節的な問題、風、水深、ベイトの行動などにもよりますがこのような場所が非常に魚影が濃くなることがあるようです。そのため、このような場所で船を流し釣りをします。このような条件があるインショアがあれば岸からでもチャンスは変わらないと思われます。
 
 次に、なぜプラグが良いのかということなのですがその答えは比較的簡単です。
 まず、浅い所をメタルジグで攻めるにはルアーを泳がせるレンジの問題が大きくなってきて、釣りが事態が難しくなるようです。また、比較的ルアーの中でメタルジグは単調な動きになるため魚の反応も悪くなるのが早く効率良いとは決して言えません。
 そこで、トップウォータープラグが活躍するようになります。動きが餌のようだから釣れるわけではないのですが、答えはお風呂に潜って水中から水面に浮くルアーの動きを見てもらったらわかってもらえるかと思います。

 まだ、いろいろな理由があるようですが、自分もまだ勉強中なのでわからないことが多いです。
 また何か釣果に結びつきそうなことが分かってきたら報告したいと思います。
 
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.