釣り時々クマ  じらまる日誌
山奥で育ち、都会で揉まれた私の釣りと今を綴る日記です。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の感じたこと
 ボートに限らずキャスティングをする釣りについて少々自分の感じることを書きたいと思います。
 
 投げるという動作は、釣りの中で初歩的なことです。だからだと思うのですが、ないがしろにしている人があまりにも多いように思います。
 
 岸からの釣りだけでなく、数万円の乗船料を払って乗る遊漁船のツナゲームやヒラマサゲームでも十分にキャスティングできない人を僕は見たことがあります。
 
 正気僕は、そんな人たちを見てもったいないと思います。なぜならルアーやアクションがどうこうよりも、そのポイントにルアーを打ち込めるかどうかがととても大切なゲームだからです。
 
 たいがい投げ切れない人は相当の引き運を持ってない限り釣れてないですし、他の人からのプレッシャーに負けて引っ込まれる方なんかも見たことがあります。
 
 個人の休みを楽しみに釣りに来ているわけですし、とやかく言う資格は僕にはないのかもしれないのですが、乗合船では同船者に、人気釣り場では周りの釣り人に迷惑がかかってくることもあるので少しくらいはキャスティングの練習をしてほしいと思います。

 
 
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。