釣り時々クマ  じらまる日誌
山奥で育ち、都会で揉まれた私の釣りと今を綴る日記です。
201301<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201303
苦手だけど楽しい
 2月7日、ダムにバスフィッシングに出かけてきました。
 まだ今年はバスを見ることもできずにいました。
 昨年の1月初旬にジャークベイトで浮いてきた魚が忘れられず、今年もその魚を求めて釣行していたわけです。
 
 しかし自分は、ジャークベイトが苦手で釣れるという認識がほとんどありません。
 それを克服するべく、ひたすらジャーク、ジャークなのです。

 魚の浮いてきそうなエリアを一通り,OSP・ルドラFとEG・フェイスで流したのですが無反応・・・・

 最近会う釣り人皆が120mm前後のジャークベイトを使っていることをふと思い出し、OSP・阿修羅SPにかえ夕マズメのワンチャンスを求めて釣り再開。

 岬の先端周辺にあるティンバーエリアを通していたその時、ビニール袋が引っかかったような重みが伝わってきました。
 ラインは不自然な横滑りをし直ぐに魚だと気づきました。
 ボートを少し沖側に移動させながら浮かせてきた魚は、間違いなくブラックバス!!
 ガッチリとルアーのボディーを咥え、2つのフックがかかっているのを確認し落ち着いてランディング。

1

 英語はてんでダメですが「YES!YES!」と吠えてました(笑)

 そして、そのあと「ONE MORE! one more!」と言ってました(爆)

 すると、本当に2本目が

2

 少しサイズダウンしましたが、元気にまた阿修羅をひったくって行ってくれました。

 苦手ですが、膝ガクガクの脳みそとろけるような魚を呼び寄せてくれたジャークベイトに感謝感謝です。

スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.