釣り時々クマ

山奥で育ち、都会で揉まれたY.ITOの釣りと今を綴る日記です。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

イラっとしたので

ご無沙汰しております。ちょっとイラっとすることがあったので、先日の楽しい時間を思い出しながらご報告します。
 去る8月26日に、佐賀県呼子のせ~いち船長の船サンライズに行ってきました。

 
 自分のメインターゲットは、シイラを捕食する大型ヒラマサだったのですが船長に話を聞いたところ、ヒラマサは少し厳しいということでした。
 
 しかし、カツオはいい感じということで気持ちを切り替え、チャンスがあればアタックできるように準備だけはしっかりして向かいました。

 朝一に、前日乗っていた後輩みかし~がだいぶ大釣りしたと聞き少し嫌な予感がしました。
 
 釣果は、いろんな条件が重なりあうことで起こるわけですが、その条件云々がどうこうというわけではなく直感?第6感?のようなものを感じることがあります。

 案の定、カツオ釣りはなかなか厳しいスタートとなりました。
 
 ベイトは、トビウオ又はソウダガツオの稚魚ということでした。
 
 バッとナブラが湧くのですが1度チェイスがあっただけで、船が近づくとすぐに沈んでしまったり、ルアーを見向きもしない時間がしばらく続きました。

 ナブラを探して海をさまよい続け、ようやく同船者が1匹カツオをキャッチ!

 次に自分も魚を掛け、無事にキャッチ!!
tau5.jpg

 ベイトがトビウオだったようで、ロングディスタンスでのアプローチでうまく口を使わせることができました。
 
 そのあともトビウオベイトで2フックアップ1キャッチできした。
 
 最初追ってたナブラは恐らくソウダベイトで食わせるのが難しかったのだと思います。トビウオベイトは比較的簡単に釣れるようでした。

 1匹ばらした原因は、無駄なフッキング動作のようでした。自分は本当にへたくそのだと久しぶりのまともな釣りで思い知らされました。
 その後ナブラも少なくなり、ジギングをしながら帰り始めました。

 途中、夏の定番浮き物につくデコッパチを1匹
itoo1.jpg

 ガチガチタックルでゴリ巻きしたらすぐに黄色くなってました(笑)

 帰りのジギングではお勉強のため、ほぼ全ての時間ベイトでしゃくっていました。
 
 まだ明けることのできていない扉があると信じシャクリ続けたのですが、扉を見つけることすらできなかったようです。

 ただし、嬉しい魚をゲットん!!
tau8.jpg

 人生初のスジハタ?でした。

 
 1日を通して釣りをして、楽しめたので悪い予感が的中したわけではないのですが、前日の釣果に比べだいぶ寂しかったようで、あながち外れていたわけでもないようでした。

 海のご機嫌が今一つだったのはあると思いますが、やはり自分がヘタクソだから釣れなかったのでしょう。

 全て自分の技術でどうにかなるものではありませんが、できる部分が多いのも釣りです。
 納得できる釣りができるようがんばります!!
スポンサーサイト

 

先日の

 ご無沙汰しております。
 坊主3週目突入のY.ITOでございます。

 もう3週間も前になりますが、ある釣りである魚を沢山(自分の感覚ですので・・・・)釣ってきました。

 それは・・・・





 ひとつテンヤ 

 で
 
 マダイ
 
 です!!


 
 釣行するまでに、知人が大ハマりして毎度デカイ真鯛をやっつけてきておりラブコールをいただいていました。
 
 どんなものかはもの凄くアバウトには知っていましたが、タックル、釣り方、餌の付け方は全く知りませんでした。
 バタバタで必要最低限の物、メインラインとテンヤ鉛、針を仕入れ準備し、3分くらいインターネットで調べて釣行しました。


 釣り方は非常に簡単で、テンヤにエビをつけ、船から真下に落としていき、ボトム付近をリフト&フォールするという釣りです。

 マダイは基本、ボトムから少し浮いていることが多いようです。
 それを意識して釣りをすることが、マダイ釣りのコツなようです。

 今回釣行して感じたコツは、ボトムに着くまでのフォールを長くとれるよう(魚に見つけて、もらいおっかけてもらう時間を作るため)にテンヤのウエイトをこまめに調整することと、適度なテンションフォールをさせるということでした。

 バス釣り、イカ釣り(エギング)をしている人ならすぐにコツを掴んで爆釣できるだろうと感じました。

 また、ラインはメインPE0.4~0.6号、リーダー2~3号というライトラインで時には80cmを超す大型もかかるようなので非常にスリリングで楽しいです。



 ちなみに今回は財布と相談して、PE0.6号(ダイヤフィッシング・レジオエギングⅤⅡ)に3号ハリスで釣りをしました。
 このPEラインは、今多くのメーカーの最上級PEに使用されている原材料と同じ物を使用しており非常に強いのです。
 そして、通常流通しているPEラインと変わらないくらいの価格で非常に懐にやさしいというアングラーに非常にやさしい、魚に厳しいラインなのです(笑)

 その他のタックルは、ロッド・ハンドメイドバスロッド6.8ft・Mパワーソリッドティップ、リール・イグジスト2506というバス釣りまんまを使用しました。
 

 真鯛2010_7_22

 画像の魚が当日最大の67cmでした。
 
 この他に足の裏サイズ~40cm弱を8枚と楽しむことができました。

 次は、エビではなく完全なルアーフィッシングになるようワームとメタルジグでマダイを狙ってみたいと思います。


 

« »

08 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Y.ITO

Author:Y.ITO
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QRコード
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。