釣り時々クマ  じらまる日誌
山奥で育ち、都会で揉まれた私の釣りと今を綴る日記です。
200905<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200907
ブルーフィン 今年は一応・・・・
 どうも全国のY.ITOファンの皆様こんばんわ・・・・・・・・・・・違うかぁ(笑)

 しばらく更新しておりませんでしたが、今回はいつものサボリと少し違います。
 仕事で関東へ出張。そして、毎年恒例のとなりましたツナ出張(笑)とたて続いていたからです。

 無事ひと山越えたのですが、未熟さを再確認し悔しい思いでいっぱいであります。
 
 そんな私ではありますが、今月も鹿児島通信社様、「ルアーフィールド」でお世話になっています。
 
 お時間がある方、是非雑誌を購入いただき読んでみてください。

lf2.jpg

 来月は、今回のツナ出張の報告をしたいと思っております。お楽しみに~
スポンサーサイト
注意不足の続き
 だいぶ時間が空きましたが、前回の続きです。 
 いきなりですが、自分なりの解答です。
 
 2個の同じルアーの同じカラーで確認したのでほぼ間違いないと思いますが、問題点はルアーを成形している材質にあると思われます。

 確認したルアーは、最近増えつつある 「発泡ウレタン」 で成形されているモノでした。ここに問題があると思われます。
 
 私もお世話になっているスキルフルのクランクベイト、以前マグロを釣ったFCLLABOのプラグ、エギング界で不動の地位を気付いているブリーデン等のエギも発泡ウレタン製です。

 この素材は、浮力調整の幅があり、強度も十分に確保でき、なおかつ成型が効率的にできます。
 しかし、誰でもというわけでもなく、やはりきちんとした管理が必要になるモノであるようです。

 今回私が確認したA社のルアーは、全く同じ仕様の物で約10gものウエイトの差がありました。
 当然、浮くか沈むかは目に見えて差が出るでしょう!!
 たまたま私が買った物がこのようなものだったのかもしれませんが、もし皆さんも同様のルアーをお持ちで、どうも動きがおかしいなどと思われたら一度チェックされてみてはいかがでしょうか?
注意!!
 最近のソルトゲーム、特にオフショアともなればジャーキングペンシルを駆使したキャスティングゲームが注目を集めています。私もそのゲームの虜になっている一人です。
 
 多くの新出メーカーさんが出てきて、こぞってルアーも発売されています。
 また老舗メーカー等もより特化したモデルなどを追加したりしているくらいです。
 
 私は、はまっているにもかかわらず、注意不足でこのゲームでかなり大事になる部分のミスをしてしまいました。
 
 フローティングと表示されているプラグに、フック等のサイズを見た目と対象魚に合わせ装着したところ見事なシンキングとなってしまいました。
 しかし、適正サイズを見てみてもさほどサイズの差はありませんでした。
 
 さて、こんなことが起こったのはなぜでしょう??
 小型のミノーなどであればこのようなことが起こりそうですが、私がこの時シンキングにしてしまったプラグは150mmあるものでした。

 知っている人にとっては簡単なことなのですが、知らない人も多いかと思われます。
 正解は後日お話します。それまで少し理由を考えてみてください。
 それではお休みなさいませ m(_ _)m
 
 
 
 
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.