釣り時々クマ  じらまる日誌
山奥で育ち、都会で揉まれた私の釣りと今を綴る日記です。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
所用で
 どうも、さぼりまくりの Y・Ito でございます。
 
 例年であれば好調期が過ぎ、追い込みをかけるササイカ。
 しかし、今期はあまりにも釣れずふてくされております。
 
 そんな中、アフターメバル君たちがボチボチ良い感じになってきました。
 今後は、回復に向けて荒食いするメバル君たちが私を楽しませてくれるでしょう(笑)。

 
 さて本日休みだったのですが、海は風の影響で近寄ることさえ危険そう・・・・。
 ということで海に行くことを諦め、所要を片付けに九州の釣り具屋さんをグルグルしてきました。
 

 用事のついでに、新製品のロッドを触ってきたのですが久しぶりにこれは良いなと思った物がありました。
 
 それは、最近良く広告を見るようになった 山鹿ブランクス さんのバリアスというシリーズのエギングロッドです。
 
 好みは分かれると思いますが、ブランクスの軽さ(バランスの良さ)に反してパワフルでしっかりと意図的にエギを動かせそうな竿でした。そして、何よりお値段もお手ごろで思わずリアクションバイトしてしまいそうでした、本気で(笑)。
 機会があれば是非、オール メイドイン ジャパン の山鹿ブランクスさんのロッドも使ってみたいと思います。
 
 先月わざわざ大阪までフィッシングショーという釣りの祭典にまで行って見ていない物が沢山あり今非常に後悔しています。
 来年行くことができたらちゃんと見てきたいと思います。


 ちなみにぃぃ~(ギャル兄さん風)、用事のうち一つは済ませたのですが、一つはすっかり忘れていました(笑)
スポンサーサイト
磯竿修理
1_003_convert_20080326013731.jpg


「 脳の不思議 」 みたいなテレビで、脳に電気が流れると 「 記憶が蘇る 」 ことがあると言っていて電気を流してみたくなったY.ITOです。

さて、本題ですが、こんな物も修理です。
もう10年近く前ですがルアーロッドにもこれと同様のインターライン、インナーガイドといったものが存在しました。
もちろん僕も憧れ、一番安いモデルですが購入し今は実家で眠らせています。
当時の物は、重い、繊細な物ができない、糸の通りが悪いなどの弱点ばかりが目立ち、糸絡みしにくいという利点は隠れていました。
しかし、時代が進み技術の進歩により、一昔前と比べ物にならないくらいの軽い、繊細な、とても糸通りの良い優れた物も数多く出てきています。
メーカーによって力の入れ具合が違いますが、大手メーカーさんは今後も中通しタイプの物を作る必要があると僕個人は思います。
対敵
 002_convert_20080304024033.jpg


 これが僕の睡眠の対敵であり、大敵です。
 しかし、それは寝るときだけでありそれ以外は大事な仕事仲間です。
 ロッドのコーティングに使う回転台なのですが、じ・じ・じ・じ・じ~~~と回し続けるため睡眠の邪魔になります。
 どうしても仕事が終わってからの作業となり最低6時間くらいはまわし続けるため邪魔をするとです。
 
 どうにかしたいとも思うのですが、どうにもならないというのが今のところの結論です。
 
そろそろ
 ただいま実家に船具を取りに戻っております。そのため画像をPCに取り込めずアップ予定だった写真をアップできませんでした。まあ、お話にならないようなものなのでもっと見栄えする物を釣ってからアップしたいと思います。
 
 今回のタイトルのそろそろというのは、そろそろネタバラシというのが始まりつつあるな・・・・・・というのでつけました。
 
 どんなネタかというと、今ソルトロッドだけでなくバスロッドでも使われていて俗に「ローライダーガイド」などと呼ばれているガイドについてです。
 
 正確な名称は「LCSG」といいます。富士工業http://www.fujitackle.com/index.htmlさんのガイドで、一番の売りはラインが絡みにくいということです。また、PEラインとの愛称もよく(PE専用ガイドといっても良いくらいです)現在市販されているエギングロッドやキス釣り競技向けの竿にはほぼこのガイドが付いています。
 
 しかし、どうしても今現在の製品ラインナップでは他のガイドより劣る部分があります。それは、飛距離です。この部分はほとんどメディアなどに出ていない部分です。
 
 たまたま某メーカーのブログを見ていたらこのことをぶっちゃけている記事を見ました。また、もう半年くらい前になりますがブリーデンのデザイナーの方?だったかがこの点をふれている記事を雑誌で読んだ記憶があります。さらに、今年カンジインターナショナルさんから発売されるコジコジさんモデルの竿はあえてこのガイドを使っていません。
 
 決して、「LCSG」が駄目だというのではなく適材適所というところを今まで公表されてなかったのが公になりはじめたといいたかったわけであります。
 
 僕も多少ロッドビルディングをかじっているので、少しだけ物を知ってます。でもその知っていることが100%正解ともいえません。ですので、「へ~~~~~」という程度で聞き流してください。

 どうして「LCSG」は飛距離が他のガイドより劣ってしまうのかというのはまた後日知ってる範囲で書かせていただこうと思います。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.