釣り時々クマ  じらまる日誌
山奥で育ち、都会で揉まれた私の釣りと今を綴る日記です。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
嬉しい貰い物
少し前のことですが、実家が木材に関わる仕事をしているY君が「てかぎ」を作ってプレゼントしてくれました。
20171119214120657.jpg

実はまだ勿体無くてまだ使ってないんです(^_^;)
大型の真鯛を絞めるときに特に重宝するので、大ダイをお客様が釣られたら最初に使おうと思います。
Y君、本当にありがとう。
スポンサーサイト
今日は釣り仲間と忘年会
今日は山口県内の釣り仲間との忘年会。

やっぱり釣り馬鹿達との宴会は楽しいですね。
来年は「じらまる」主宰の忘年会したいな~
20171118222659c97.jpg
作れるものは作ります
昔から作れる釣具はいろいろ作ってきました。
一番最初は、祖父に教えてもらいながら作った竹竿だったと思います。
その後は針金を曲げて天秤を作ってみたり、本を見ながら投げ釣りの仕掛けを作ったり・・・
ルアーフィッシングを始めてからは、当然のようにバルサを削ってルアーを作ったりしました。
ヒューマンアカデミーに入ってからはロッドビルディングを覚え、今でも自分好みのものを組んだりしてます。

さて今回作った釣具は何かと言いますと・・・・

20171117223253a06.jpg

ドカットではなく、ジグでもなく、黒い棒の方!

これ、「ラインブレーカー」なんです。

市販品ってけっこう良いお値段するのと意外と短いんですよね(^_^;)
太いPEで根掛かりした時、余裕をもって巻き付けられ、持つ部分もしっかり確保してあり、かつ両サイドに引っ掛かりがないのでラインをスルスルっと抜くことができます。
船にはこれを置いてますので、もし根掛かりしてどうしても外れず、ラインを切らないといけないときはお使いください。
扱い注意!
 先日のジギングガイドの際に魚からフックを外す時に事件が起きました。
 魚が暴れて、危ないな~と思っていたら案の定指にグサッとフックが刺さってしまいました。
 フックはバーブまで刺さり、フックポイントは指を貫通していました。

23316649_856597267847923_7715161346945278789_n.jpg

 刺さって時間が経つと筋肉が収縮して抜けにくくなるそうなので、すぐに力ずくで抜いたのですが、まあまあの流血と時間が経ってから痛みが出てきました。

 幸い指の手のひらと反対側だったのと、目やお客様ではなかったのでよかったです。
 私はジギング等の大きな針が刺さったのは初めてでしたが、以前同船者や船長さんが刺さっているのを見たことがありゾッとした記憶があります。

 皆様もいつ自分の身に危険が及ぶかわかりません。
 釣り針の取扱、ファイト中、取り込み中、取り込み後は十二分にお気を付けください。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.